上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
春名風花チャンの殺人予告ツイートの通報に関して。

ワタシ、彼女のことを知ったのは実はごく最近で、大津のいじめ自殺の事件をうけて、朝日新聞の一面で連載されていた「いじめている君へ」でがキッカケです。
このコラム、色んな著名人の方からいじめている立場やいじめられている立場、いじめを見ている立場の人へのメッセージが掲載されていたんですが、一番心に響いたコラムが最終回の春風ちゃんのでした。
リンク、クリックすると読めますのでぜひ。
というのも、ホントに色んな人のコラムだったんだけど、なんか現実離れしてるというかわかってないというか、極端な例だったり、キレイごとだったり、なんてズレてんだろうと思いながら冷めて読んでたからなんです。
そんなのわかっててできるぐらいなら自殺なんかしないよね、きっと。みたいな。
ワタシもいい大人ではありますが、それでもなんか違うということを感じるコラムだったわけ。
そこへ最終回に彼女のこのコラム。
響きました。とても。
すごくリアルタイムで鋭い。これが小学6年生の書いた文章かとびっくりしました。
相方にもこれだけは読めと言ったぐらい。

でもその後彼女のTwitterを追いかけるということもなく名前だけが残ってたのですが、そこへこの事件。
あぁ、ずっと戦ってたからあんなにリアルだったんだと。
そして、彼女が通報したことによっての反応をニュースで見てさらにビックリ。
なんてズレた人が多いものかと。
いじめられた側にも問題あるなんてこういう人がしたり顔で言うんだろうね。
乙武さんじゃないけど、悪いのは匿名でこういう悪意を巻き散らかす人。
どこをどうしたら彼女を責めるという発想が出てくるんだろうか。
子供がTwitterなんて??
年齢制限なんてありましたっけ?
いい大人が発信してると思われる、見るに耐えないシロモノがあふれかえってる中で彼女の反応は至極まともだと思います。つか、自分がこんだけできるか???
逆にだからたたかれるのかもね。自分はこんな風になれない弱い人から。
彼女が自分を「少しだけふつうの小学生より、何かを発信できる立場にいる」なかで自分にできることをしようとがんばってるならば、ワタシも今の自分にできることを。

あなたは間違ってないよ。
がんばってなんて言えないけれど、おばちゃんは春名風花チャンを応援してます!!!

膨大なネットの海でのひとつの発信は彼女に直接届かないかもしれないけれど。
自分の子供達にもこんな風に自分の意見をしっかり言える子になって欲しいと強く思います。
スポンサーサイト
2012.11.07 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。