上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ざっくりですが怪獣3号のお産のことなど。
朝から陣痛らしきものが来てたのですが、まぁまだまだだろうということで相方はとりあえず会社へ。
ハハにも連絡して、すぐ行こうかと言ってくれたのですが、もともと午前中は用事があるようだったし、午前中にどうこうはないと思うってことで用事終わってお昼から来てもらうことに。
結局午前中は陣痛が15分間隔ぐらいのまんまでした。
痛み的には腰にくる痛みだったんで、もうこれは前駆陣痛じゃないなーって感じだったので、早めに相方に連絡して、キリがいいとこで帰ってきてもらうことに。ハハも午後から来てくれたので、相方帰ってきたら病院連絡してみました。
ひょっとすると帰ってもらうかもですが来てくださいってことだったので病院へ。
14:30ぐらいだったかな?
診察してもらったら子宮口5cmということで入院になりました。LDRに入ってということだったのですが、移動の間に2号が寝てしまいまして。とりあえずベビーカーに乗せてたんだけど、LDRには子供が寝られるベッドもないし、ベビーカーも入れない。2号は寝たところで起こすのもかわいそうだし、ハハが1号とベビーカーの2号連れて散歩してきてくれるというので、お願いしておきました。
相方とLDR入って陣痛すすむのを待ったのですが、なかなか~と言う感じ。
ちなみに立会い出産って、アカタンが産まれる瞬間を共有するってのも大事だとは思うんですが、産婦にとって一番大事なのがこの陣痛すすむ間!陣痛って痛みと痛みの間は完全に無痛なのね。で、お産に向けて痛みがどんどん強く、短くなって行くわけなのですが、この間結構心細くてですね。助産婦さんもずっとついててくれるわけじゃないし、側で色んな話とかして気を紛らわしてくれたり、お茶飲ませてくれたりするだけでも全然違うのですよ。側にいてくれるだけで安心するし落ち着くし、一人ぼっちだとなんか痛みのつらさが増す気がする。
というわけで、ぜひともヨメさんがお子さん産む際には怖がらずサポートしてあげてください。
いざ!という時は出てもらうってお友達も結構いますけどね。私は最後まで立会いして欲しい派だけども。
ちなみに相方ともたわいもない話をして過ごしてました。怪獣達も気になったので、ちょこちょこ様子は見てもらいに行ってたんですが。
夕方17時ぐらいにチチも会社から帰ってくるというので、チチハハで怪獣達にご飯食べさせに行ってくれるというのでお願いすることに。
私にも合間に食事が出ましたが、陣痛が結構すすんでたのであんまり食べられず。お野菜ちょこっとつついて、後は相方に食べてもらいました。
そんなこんなしてるうちに痛みが強くなってきたなーと思ったら破水して18:56にお産になったわけなんですが、正直相方ともちょっとかかるかなーと言ってたので、終わってみたら結構早かったです。
3回目ということもあるし、私も相方も先がわかってるからか最後の最後まで割りと落ち着いてられたし、今までで一番お産を実感できたかなという感じでした。
ただ、3号、へその緒が巻きついてたようで、最後の最後でなかなか出てこないわ、出てきたら出てきたですぐ泣かないわでちょっとドキドキしましたが。処置してもらったらすぐ元気になったのでよかったんですけどね。
しかし推定体重3300g程度だったのですが、今まで推定体重が多めに出てることが多かったので3614gにはビックリ。1号2号は2830g前後で生まれてるので、私と相方にしたら1kg近く多いよ!って感じでぷくぷくして見えました。腕とか胸とかほっぺとか結構しっかり肉ついてるし・・・。

ちょうど産まれた後チチハハと怪獣達が食事から帰ってきたので3号見てもらえたんですが、相方がちょっと買い物に出た間に1号がグズグズ泣き出して止まらなくなってしまいまして。
私は産後3時間寝たままで起きちゃいけなかったし、LDRで様子も違うし、相方も行っちゃったしでなんか悲しかったみたいです。しくしく泣いてました。

今回は怪獣達がいたので、夜のお産になるのか、昼のお産になるのかでどうするか全然わからないまま、まぁなんとかなるだろう~で突撃だったんですが、結果昼の陣痛で始まってよかったなという感じです。お産が進むのには時間がかかるし、LDRで1号や2号はその間待てたと思えないので、そうなると夜のお産だとハハにヘルプも頼みにくかったと思うので、相方が立会いできなかったんじゃないかなーという気が。
我が家で最後のお産だと思うので、みんながそれぞれの形で参加できたのでよかったです。
後日談ですが、入院中相方と3人で過ごしてた怪獣達、いい子にしてたようで、退院してきたら2匹ともさらに相方ベッタリになってましたよ。夜寝る時とか、「あかあしゃん、あかあしゃん(おかあさん)」とくっついてくる2号は大丈夫かいなと思ってたのですが、心配することもなかったみたい。
前回までは実家に帰ってお産を迎えてたのですが、2号出産時はチチハハにお願いしてた1号が大丈夫かなー、ちゃんと寝てるかな、食べてるかなと心配することが多かったんですが、今回は相方がみてくれてたので妙に安心感もありまして。
やっぱり実父母とはいえ気を使うし、相方だと違うんだね。
諸事情で今回は自分達でお産乗り切ろうってことになって、相方には半ば強引に産休とってもらったのですが、色んな意味でよかったなぁと思ってます。
相方は新生児とみっちりの生活も3人目にして初めてなので、それも怪獣達と一緒に楽しめればいいなー。
スポンサーサイト
2008.10.31 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。